金買取に関するポイント

金買取業者に騙されないように気を付けましょう!

金買取業者に騙されないように気を付けましょう! 「金」と言えば、非常に高い資産価値がある存在として知られています。いわゆる資産運用などを目的として金を購入する人が増えている昨今、必ず正しい価格で金を取引することが重要です。
金には「相場」が存在しているため、おおよその価格は当たりが付けられます。たとえば、プレートを売買するときなどは相場通りの価格で売買できるわけですが、装飾が施されているものに関しては「金買取り業者選び」次第で価値が大きく変わってしまう可能性もあります。
金買取業者の査定は、金自体の相場のほかに「デザイン性」「機能性」なども評価対象になります。
もちろん、プレートやインゴットの場合はそういった項目は反映されませんが、指輪やジュエリーなどはしっかりと評価対象になります。
そのため、中には「本来の価値よりも低く買い取ろうとする悪質な業者」もいます。100%確実に価値を判断することは難しいとしても、複数店舗で査定を受けるなどの対策を講じて騙されないようにすることが必要です。

正しい金買取!インゴットの品質の見極め方

正しい金買取!インゴットの品質の見極め方 投資用に金地金を入手した場合、購入した業者とは別の業者で買い取ってもらうことができます。
インゴットは純金であることが確認できれば、街中の金買取のお店でも現金で買い取ってもらえます。
一般的にジュエリーの場合には刻印を見れば金の含有率(品質)を知ることができます。
金貨も表面の刻印を見れば、本物かどうかを見分けることができます。インゴットについても、表面の刻印を見れば純度や製造元の会社についてを知ることができます。
刻印は上から順番に、製造した会社名またはブランド、純度(%単位)、重量が書かれてあり、一番下にシリアル番号が記されています。
一般的に金買取業者では、合金に含まれる金の重量を確認するために比重測定を行います。
それでも偽物の純金は本物の金と近い比重のタングステンなどが使用されているため、比重測定だけでは判別ができません。
本当に品質を確かめたい場合には、表面を削り取ったり切断して調べる必要があります。
製品に傷を付けずに純金が本物であることを簡易的に確かめたい時は、強力な磁石を近づけてみる方法があります。
純度が99.99%の金に100円ショップなどで販売されている強力な磁石を近づけてみて、少しでも反応したら偽物です。
比重測定と磁石の反応の有無を確認すれば、インゴットの品質を見極めることが可能です。